考えなきゃならない将来は、自分の事だけじゃないねぇ

4636284798_982a61e2a2_b

こんばんは、ニャ吉です。

昨日の朝方からつい先ほどまで、福島の祖母の所へ行ってました。

先週木曜日に叔母からうちに電話があり、祖母の様子がおかしいと連絡があったんですよね。もう祖母も90歳を越えているので、いつ何があってもおかしくない年齢ではあるんですが、今までしっかりした人だっただけに一時間置きに電話があり、同じことを聞いてくると言うのが、とても違和感のある行動に感じたので、叔母と父を車に乗せて福島までドライバーしてきました。

行ってみたら何だかいつも通りの祖母で気が抜けたけど、明日にでも病院で検査を受けることになりました。ニャ吉と父は、仕事があるので帰って来ましたが、叔母はそのまま福島に残り、病院に付き添ってくれることになった。なんともないと良いんだけど・・・。

関東に来てくれるのが一番良いんだけど、本人はずっと福島で住んできているから、都会生活は嫌らしい。本人は、自分の様子がおかしいだなんて思ってもみていないから、ホームに入るとかは絶対に嫌だと言うし、父と叔母と祖母の会話は平行線でした。

今回の場合は、父と叔母がきちんとしなければいけない立場だけど、ニャ吉の親が万が一になった時は頑張らなきゃいけないのは自分なんだなーと言うのを改めて実感。考えなきゃならないのは、自分の将来だけじゃないね。

でも今のご時世、割と自分と家族が生きる分を稼ぐのが精一杯な家庭は多いと思うんだけど、もし親に蓄えがなかったらどうなるんだろう・・・ニャ吉は、親の貯蓄のことなんて聞いたことがないし、今何かあったとしても留学費用として貯めている100万くらいしかない。今すぐ何かあったら、正直マズイ。

今すぐは無理だけど、そう遠くない未来に介護などについての知識も勉強しておかなきゃいけないなと思う。出来れば最後の最後まで元気で、テレビで言ってたようにピンピンコロリと言う人生を送って欲しいと思うけど、万が一は想定しておかなきゃいけないな。

借金は完璧に自分のせいだけど、結構自分の人生生きるだけで精一杯で、あまり親の将来まで考えている余裕はなくて今まで来てしまったけど、いつかは当たり前にあってもおかしくない事なんだよね。

ふー、生きていくっていっぱい考えなきゃいけないことがあって、大変だ。「あー!面倒くさいー!」と思うけど、多分ちゃんと考えなくて後悔するのもきっと自分だから頑張ろう。

ニャ吉は、今のところ独り身で誰かと結婚する予定もないし、子供が出来る気もしない年齢になってきたので、せめて一人暮らしがもう限界だと思った時に自分でホームとかに入れるくらいの貯蓄を自分の為には貯められるようになっておこう・・・37歳にして、この冷めた感じが寂しいっ!

ミラクルが起きて、いつかまた恋に落ちるようなことがあったらいいな。まず、恋に落ちている自分をまったく想像できないところに問題がありそうだ・・・。

ニャ吉
恋は落ちるものであって、落ちているものを探して拾うものではないのだよっ!(言い訳) 

悩んでいるだけでは、変われませんよっ!

ニャ吉は、コツコツ返済するタイプを選びましたが、借り入れ額や状況により、コツコツ変返済するよりも債務整理を行った方が良い場合もあります。

一度、無料相談シミュレーターを使って、自分の状況を整理・相談してみることをおすすめします。

5 件のコメント

  • 確かに自分の生活が精一杯の子供世代が多いですよね。昔みたいに給料上がってく訳じゃないし。
    うちは子供一人なのに学費以外の貯金なんて出来ていない状態で(–;)それすら出来ず奨学金に頼る人も多いですしね。お先真っ暗な。

    我が家は夫の両親は亡くなってて、私の方は父が体調悪くて入院してます。これからどうなるのか考える時期ですね。

    それよりも私の借金返すのが先ですが…。早く身軽になりたいです!!

  • あ、質問がありまして。
    仕事は私服かと思うのですが、ニャ吉さんは服や靴の買い物はどうしてますか?買わずに我慢して返済してましたでしょうか?
    私も仕事は私服勤務で、たまにUNIQLOとか安いのを現金で買ってる程度なのですが、あまりにも古い服ばかりだとモチベーション下がりますよね。 そんなこと言ってる場合では無いですが…。

    • ちいさん、こんばんは!
      高齢化社会で働き手が・・・なんて言うけど、働き手のことよりも介護とかの方が問題ありありな気がしますね。考えることは出来るけど、金銭的に厳しい場合はどうにもなくなりそうでちょっと怖いです。お父さん、良くなって早く退院されると良いですね。年齢が上になればなるほど、入院なども長引くとそれだけで筋力が衰えて普段の生活に戻るのも一苦労になってしまうので・・・。

      洋服についてですが、私は基本的に流行りのない定番もののみで仕事用の服は揃えて居て、ちょっとボロくなってきた?と思ったら、同じようなものを探して買うようにしてました。私、割とモノトーンカラーが好きなので、全体的に暗い色になりがちなんですが、各それぞれのアイテムをモノトーンと差し色になる色物を持っていたら、案外着回しには困らずマンネリ感もないです。でも何だかんだ毎月3,000円くらいは洋服や下着なども買ってましたよ。何だかんだ言って洋服は、消耗品なのである程度の出費は仕方ないと思います。
      靴は、足が小さ過ぎてあまり合うものが見つからないので、今あるものを大事にしてます。続けて同じ靴を履かないようにしてるのと必ずインソールを入れて履くようにして、面倒ですが帰ったら外します。ムレが残ると靴に良くないので。ちょっとヒールが減ってきた?と思う物に関しては、本当にダメになる前に修理に出すようにしてます。ここ数年は、スニーカー以外は、本革しか買わないようにしてます。高くなるけど、やっぱり合皮とかと比べると何だかんだ何年も履けます。何と言うか、合皮で3,000円とかで買ったものを1,000円とか出してヒール修理するのもアホらしいっ!と思う気持ちもあるし、修理に持って行ったら「これは修理できません」と言われてしまうのがほとんどだったので、結局短期間で使い捨てになってしまうくらいなら、1万ちょっと越えてもヒール修理してでも持たせよう!と思えるものの方が大事に出来る気がします。まーでも買っても年に一足か二足くらいですね。
      ものによっては、ヒールが薄め?のものとかもあるので、そう言うのは最初からヒールを厚めのものに変えてもらうこともあります。ちなみにパンプス系であれば多少ゆるかったり、キツかったりするものでも、3,000円くらいで調整してくれるサービスをしているところもあるので、せっかく買ってみたけど実際履いてみたら一日履いているのはツライと言うようなものも無駄にならないようにしてます。靴の修理屋さんは何気に常連です(笑)

      少しでも参考になれば良いのですが!

  • 私も父ががん持ちなので、気にしないといけないんですが、今は自分のことが精いっぱいです。
    すいません、むしろマイナスです。とは言えず。
    また、会社の先輩(40代前半)の方が、体調不良で早期リタイアするときいて、自分の将来をかんがえさせられました。
    その方が未婚一人っ子実家ぐらしですが、お金はしっかり貯めてる方だったので、早期リタイアと聞いても納得だったのですが、私の10年後では絶対できない選択だなと残高3桁の通帳みて思いました。
    20代の10年借金に費やした人と貯金にしたひとでは、将来の選択肢がほんと違う。
    この先の選択肢増やせるよう、早く完済人二なり貯金体質になります!!

    • みーさん、こんばんは!
      お返事が遅くなってしまってすみません。週明け早々、仕事がバタバタです・・・。

      自分の事で精一杯すぎて、将来はちゃんと考えなきゃいけないことだとは思って居たけど、身近で考えさせられる出来事があると改めてちゃんと考えなきゃと思いますね。
      何となく将来ずっと働ける気で居たけど、みーさんの先輩のように早期リタイアする可能性もあるんですよね・・・留学とか行っている場合ではないのかなーとは思いますが、将来年収を増やすことを考えたら英語が出来てマイナスになることはなさそうなので、自分が留学から帰ってくるまで、家に何か問題が発生しないことを祈るのみです。

      20代の10年間・・・10年前からちゃんと貯金をしていれば、本当に選択肢は色々とあったんだろうなと思います。でも若い内にどうしようもない状態を経験していたことは、きっと今後の人生に活かせるはず!と思って頑張って行きましょう。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    18歳から37歳までずっと借金と共に生きてきました。2016年1月完済までに得た借金返済に関する知識を皆さんにも共有しています。