総量規制についてしっかり学んでおこう!

souryou

総量規制は、平成18年12月の貸金業法改正により段階的に施行され、平成22年6月18日に完全施行となりました。

この総量規制により、主婦などの借入れが難しくなった、新たな借入れができなくなったと言う声をよく聞きます。借入れをする立場として、この総量規制の仕組みをもう1度しっかりと学んでおきましょう。

Sponsor Link

総量規制は、なぜ出来たのか?

woman_question-2

総量規制が施行される前は、個人の借入限度というものは法律で定められていませんでした。貸金業者や審査会社によって各自の判断で貸すか、貸さないか決められていたのです。

これにより、多重債務に陥る人を減らすため、貸金業者の過剰融資を防ぐ、目的で策定されました。

総量規制のキホン

kihon

総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みです。

貸付けの契約には「個人向け貸付け」「個人向け保証」「法人向け貸付け」「法人向け保証」の4種類がありますが、その中で、総量規制の対象なのは「個人向け貸付け」のみです。ただし、個人事業主が事業用資金として借入れする場合は、原則として対象となりません。

総量規制のポイントは、「原則」という言葉にこそあります。
総量規制は、貸金業者の過剰融資により、借入れのし過ぎで返済で生活が立ちゆかなくなるのを防ぐ目的で策定されたものなので、貸金業に当たらない銀行カードローンや信販会社のクレジットカードでの買い物は、「例外とされ、不動産ローンやマイカーローンなどで担保のある貸し付けは「除外とされています。

ちなみに信販会社のクレジットカードを利用し、キャッシングをした場合は総量規規制の対象となります。

総量規制とおまとめローンの関係

blog0503_003(日本貸金業協会HPより抜粋)

総量規制により、主婦の借入れが難しくなったとの声が多くあると前項で書きましたが、例外欄にある通り「配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付け」は、今でも行えます。ただし、配偶者の同意が必要です。

注目して欲しいのは、同じく例外欄にある「顧客に一方的有利となる借換え」です。

一般的なおまとめローンは、これに当たります。
その為、おまとめローンは、複数の借入先があり、すでに年収の3分の1を超える借入額があっても借入れが可能です。「総量規制があるからおまとめローンで借り換えもできない」と諦めていた人もいるかもしれませんが、大丈夫です。

ただ一つ、注意しておかなければならないのは、
おまとめローンの多くは、貸金業者(みなし貸金業者を含む)からの借入れを対象としていて、銀行のカードローンや信販会社のクレジットカードでの買い物での借入れなどは、借り換えの対象とならないことが多いです。

おまとめローンの経験上、おまとめローンの審査通過条件として、既存の借り入れ先やクレジットカードなどの解約を条件とするところは、通常、借り換えの対象とならないところからの借り入れも柔軟に対応してくれることがあります

ABOUTこの記事をかいた人

18歳から37歳までずっと借金と共に生きてきました。2016年1月完済までに得た借金返済に関する知識を皆さんにも共有しています。