世の中腑に落ちないことがたくさんある

4636284798_982a61e2a2_b

こんばんは、ニャ吉です。

今日は、会社でしこたま営業さんにやられてきて、ちょっとぐったりです。
仕事って言うのは、楽しいだけじゃないけど割とつらいことが多くて、毎度凹む。社会に出てお金を稼ぐと言うのは、本当に大変だ。

今回は、私が作った提案書をお客様が見て「ぜひ、この提案書を作った人に話を聞きたい」と言うことになり、出動命令が上から出たんだけど、担当営業さん曰く、そのお客様は女性をちょっと見下しているところがある人らしく、作った人のを別の人と言うことにして明日の面談を行いたいと言われた。

何だろうなー、女性ってだけでダメなことって何だかいっぱいあるね。

私としては、私が作った提案書だから他の人が自分よりもうまく説明できるとも思わないし、お客様が作った人と話したいと言っているのだから、女である私が行っても良いと思うんだけどな。それなりに大きい案件だから、ぜひとも獲得したい営業部の思いも分かるけど、腑に落ちない。

腑に落ちないまま、代理の営業さんに資料の説明をしていたら、資料のダメ出しが始まり・・・何で私が責められているのかもよく分からない状態になってしまった。

女性である以上、どうしたって男性に敵わないことはいっぱいあるけど、女性だからこそ気がつける点もいっぱいあると思うのに、どうしてその点は考慮してくれないんだろう。どんなに良い仕事が出来ても「女性だから」の壁にぶち当たったら、どうやって攻略したら良いのか分からない。

うーん、今回は社内だけの話じゃなくて、お客様がそう言う人だと言うことだから、世の中まだまだ女性は認められているとは言えないね。男性達にも負けない仕事をしている女性もいっぱい居ると思うんだけど、そう言う人達はこの壁をどうやってぶち破っていったんだろう。

借金よりもずっと攻略不可な気がする。
世の中の女性に対する考えが変わらない限り、どの会社に行ってもきっと同じ思いをいつかする羽目になるような気がする。女性であることは辞められないから、攻略出来る気がしなさ過ぎて怒りすら感じないよ。

私がばっさり髪を切って、七三にでもして、おじさんに扮していくとかなら良いのかな?
すごくちっちゃいおじさんになるけど・・・。

割と本気で、ちっちゃいおじさん計画を考えてしまっているニャ吉でした。

↓応援よろしくお願いします。

悩んでいるだけでは、変われませんよっ!

ニャ吉は、コツコツ返済するタイプを選びましたが、借り入れ額や状況により、コツコツ変返済するよりも債務整理を行った方が良い場合もあります。

一度、無料相談シミュレーターを使って、自分の状況を整理・相談してみることをおすすめします。

4 件のコメント

  • ニャ吉様こんにちは。
    私は男なので、気持ちがわかるとは言えませんが、ニャ吉様のおっしゃる事はもっともだと思います。
    私の会社においても、かなり少なくはなってきましたが女性を軽視するような考えをもっている人はやはりいます。なかなかいなくならないものですね…。
    話は少し変わりますが、私の職種はお客様に如何に安心感を持って頂けるかどうかが深く仕事の成否に関わってくる仕事なのですが、女性ならではの(こういう考え方自体もあまり良くないのでしょうが)声の柔らかさであったり、気配りの細やかさであったりというものは男性が真似しようと思っても出来ないものであります。
    そのため、私の職種においては女性の方が高い成果を出す傾向にあります。
    私自身も女性に負けぬよう、努力しているつもりではありますが「男性の壁」にぶち当たり、女性を羨ましく思う事が数多くあります。
    いったい何が言いたいのかと言うと、よく自分でも分からなくなってきましたが(笑)女性を軽視するタイプの人間は確実になおかつ急激に減ってきているということ、女性だからこそ活躍出来る場所もあるということ、仕事場によっては男性も「男性の壁」にぶち当たる事があるという事です。
    ニャ吉様も述べられているように、女性は女性を男性は男性を辞める事は基本不可能ですので、自分に出来る事を前向きにやるしかないのではと思います。一人一人が頑張れば世間は勝手に良くなっていきます。きっと。自分に言い聞かせてるところも多分にありますが。
    20年後には男性ってだけでダメって言われる事が多い世の中になってるかもですよ。
    長文になってしまいました。職場では色々な壁にぶつかる事もあるでしょうが、ニャ吉様らしく頑張って下さい。応援しています。

    • アメショさん、こんばんは!
      勤めて居る業種にも寄るんですかね?私のいるIT企業ではまだまだ男性社会なところが強い気がします。上は、別の部の先輩女性と話をしてきたんですが、うちの会社では上に行けば行くほど「女性の壁」を感じるようになるらしく、それで昇進を諦めて行く人が多いと言う話を聞きました。国は、女性雇用を押しているけど、現場で働く人達の意識が変わっていかないと難しい物なのかも知れないですね。でも、女性が主で活躍するような業種では、逆に「男性の壁」を感じられることもあるのだということがとても勉強になりました。男性も女性もお互い壁を感じる時があるんですね。

      結局、社長の一声で私が突如行くことになり、新幹線に乗って急遽行って来ました。いきなり行くことになったので、ちょっと大変だったけど味噌煮込みうどんをご馳走して貰えたし、無事に案件も進みそうだし、営業さんからも謝罪を頂いたので、あまり気にせず自分のペースで頑張って行こうと思います。肝心のお客さんは・・・私から見ると女性軽視する人と言うか女性大好きな感じで話している間、終始ニヤニヤしてました・・・。営業さんは、それを体験させたくなかったのかも知れないなと少し私も反省しています。

      男性だからとか女性だからとかではなく、適材適所でお互いに向上していけるような職場環境がいつか出来ると良いですね。
      まずは、自分に出来ることを出来る限り全力で頑張って行きます!ありがとうございます。

  • いますよね、そういう人。

    私は仕事してるとき、お客の酔っぱらいに抱きつかれて、タッグ組んでた男の人に、お客さんだから耐えてとまっ昼間から抱きつかれてました。

    私たちそっちの仕事じゃないと耐えれなくて辞めちゃいましたが……

    なんなんでしょうね、女性が下って言う風習……

    あっ、主人の職場もベテランの女の人でも一般職、年下主人が総合職で入社の時点で区別?されてた……

    きつい仕事の私より主人の給料がよくてよく喧嘩してましたよ(´д`|||)

    本当に区別か差別か本当にやめて欲しい。

    子供が出来たら出来たで、子供が病気になったらとか、小さいうちは一緒に過ごせとかよく男性面接官に言われます(´д`|||)

    • 菜々美さんの抱きつかれた経験は、もう完全なるセクハラですね・・・それは怒って良いところです!!私なら「契約内容に抱きつくお金は含まれておりませんので、ご遠慮ください」とでもピシリと言ってしまうかもです。後で怒られるかも知れませんけど(笑)

      女性は、結婚をすると辞めていく人が多かった過去があるので、どうしても辞められても問題がない代えが効くポジションに追いやられることが未だに多いですね。でも少しずつ、ほんの少しずつですが変わり始めてますよ。まだまだ壁を感じることは多いですけどね。

      子供は仕方がないかなー?特に小さい時って何かあった時はやっぱりパパよりもママの方が強い気がするし・・・。男性も無意識に「子育ては、母親に敵わない」と思っている面があるのかもしれませんね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    18歳から37歳までずっと借金と共に生きてきました。2016年1月完済までに得た借金返済に関する知識を皆さんにも共有しています。