"/>

不安に負けない為のアドバイス 借金と戦う人へ

自分の敵は、だいたい自分

更新日:

orenoteki

借金返済をしていく上で本当に辛いのは、自分との戦いです。

残念ながら、また散財してしまった、またギャンブルをやってしまったなんて日常茶飯事です。借金を何とかしなくてはと思っているのも自分なのに、それをぶちこわすのも大抵自分です。

借金と闘うと言うことは、この大いなる矛盾と真っ向から立ち向かわなきゃいけない。相手が自分自身だからこそ、誰かを責められるわけじゃない。だからツライ。

借金は、ダメな自分から出たサビみたいなもの

20130314124727fd0

借金は、悪のイメージが強いものだけど、ダメな自分から生まれたサビみたいなもので、犯罪などの絶対的な「悪」とは全然違う。

ここを履き違えると自分を責める一方になって、良かった自分とダメだった自分の区別も付かなくなる。

良い時は、誰よりも自分を褒めてあげなければならないのに、それが出来なくなる。
自分が頑張ったことを誰かが見ていてくれて、褒めてくれることなんて現実では稀なことだから、頑張ったことを誰よりも知っている自分が褒めてあげられないなんて残念以外の何者でもない。

人は、変わりたいと思ったら絶対に変われる!
遺伝的な性格や育った環境で性格の違いはあるけれど、生まれた瞬間からダメ人間な人など居ない。

だから大丈夫。
変わりたいと願うなら、きっと違う自分になれる。その方法を知ったのが、遅いか早いかの違い。

錆びついた部分を落として、治してあげれば良いだけのこと。

ダメだった頃の自分は、変わった後の武器になる。
そっちが危ない道なのかも知れないという危機感は、いつか自分を助けてくれる。確かに呆れるほどダメ人間だったかも知れないけど、きっと無駄じゃない。

だから、無理にダメな自分を攻略して倒そうとするのではなく、少しずつ受け入れて「あっ、ここがダメだったのか」と気付きを取り入れながら、良い方の自分を伸ばしていく。それが借金をなくす上で一番の難題で、誰もがぶち当たる壁を攻略する唯一の方法だと思う。

「気の持ちようで借金がなくなるわけがない」と思う人もいるかも知れないけれど、この心構えがあるかないかで、全然違う。この気持ちは、たぶん借金とうまく付き合って行き始めた頃にならないとわからないかも知れない。

誰にも誇れない、誰からも愛してもらう資格もないと思うなら、尚更、まず自分が少しずつ受け入れて行ってあげよう。ダメな自分も、良い自分も。

良かった時の自分を見つけるコツ

6134145523

人生の中の出来事でもダメだった時のことは、痛烈に覚えているもの。だけど、良かった時と言うのは意識しないと覚えていないものです。ダメな時の自分は、大体失敗してしまった時なので痛烈に覚えているものだけと…。

良い時の自分を見つけるコツは、良いことをしようと思ってした自分を見つけるのではなく、些細なことふとした時に気付いてあげることが大事。

「こんなに頑張ったのに誰も褒めてくれない」と思う時は、大抵褒めてもらうことを期待して良いことを頑張ってる時だから、そういう意図した時とは違う。

じゃあ、どういう時なのかと言うと例えば、借金を何とかしたくて今このページにたどり着いたあなたとか?

借金を何とかして、前を向きたいと思っているまだ諦めていないあなたは、「良い自分」で間違いない。

案外簡単に見つかったでしょ?

ほら、褒めて!
まだまだ捨てたもんじゃないですよ。まだどうにか頑張ろうとしてる。できるよ!諦めていないあなたは、すごく素敵な人です。ただのダメ人間なんかじゃない。

ダメばっかりだと思ってても案外良い自分も居るものなんです。それすら気が付けなくなっているのが、今のあなたですよ。

さあ、次は動き出すだけです!

↓応援よろしくお願いします。

悩んでいるだけでは、変われませんよっ!

ニャ吉は、コツコツ返済するタイプを選びましたが、借り入れ額や状況により、コツコツ返済するよりも債務整理を行った方が良い場合もあります。

一度、無料シュミレーターを使って、自分の状況を整理してみることをオススメします。どの方法で頑張って行くかは、それから決めましょ!


-不安に負けない為のアドバイス, 借金と戦う人へ
-

Copyright© めざせ完済人! , 2017 All Rights Reserved.