借金を減らすのと一緒にスキルアップも頑張ろう

illust1487

借金を早くなくすには、無駄遣いを止めて出費を少なくし、返済額を少しずつ多くしていくこと。または、自分の収入をアップさせるのどちらかです。

でも今のご時世、勤め続けていたからと言って、お給料はほとんど上がりません。
昇格したタイミングであれば、1万円とか2万円とか上がることもあるかも知れないけれど、それ以外でのお給料のアップは、悲しいことに基本給1,000円アップとかもざらです・・・。

上がるのは嬉しいけど、1,000円って・・・1年間で、1万2千円増えても正直増えた実感はまったくなしです。あ、ちなみにこれニャ吉が以前勤めて居た会社の話です。全員一律で基本給1,000円アップ。

そう言うのが当たり前になっている会社に勤めていて、不満を感じているのなら残されている道は、会社の業績を物凄い上げて全員のお給料が上がる為に頑張るか、諦めて転職するかのどちらかです。

でも転職って、何の準備もなしにするとすごく危険です。
本当に危険です・・・経験者が言うんだから、本当ですっ!と言うわけで、転職する前にスキルアップしましょと言うお話なんですけど、資格を取るのに慣れていないと本を買ってみたけど、結局勉強せずに放置と言うパターンになりやすいので、慣れない人向けにアドバイスです。

いきなり上を狙わないっ!

illustrain05-cat02

ありがち何ですが、「よーし、資格取って転職して、収入アップだ!」と行動を移そうとする人の多くが、いきなりすごく難しい資格を狙ったりします。

いやー、分かりますよ?難しい資格を持っていれば、お給料が上がる!と思うの。でも難しい資格って言うのは、それだけ取るのも難しい資格なので、最初から狙うのは間違えてます。

どんなことでも最初で躓くともう1度頑張ろう!と思うのは、なかなか大変なので、最初から難しい資格を取得しよう!と思って、チャレンジするのは止めてください。

最初は、1ヶ月くらいの勉強で取れる物から

POINT

一番最初は、「資格って勉強すれば、ちゃんと取れるものなんだ!」と思えるように1〜2ヶ月間くらい毎日30分程度勉強すれば取れるようなものから狙っていきましょう。

最初に選ぶ資格は、「就職に有利なもの」じゃなくても構わないです。
就職に有利なもので取れるなら一番良いけど、簡単に取れる資格はあまり就職には影響ないので、楽しんで勉強して、資格取れたーっ!と思える物であれば、何だっていいです。

返済しながらなので、受験料が安い物を選ぶといいかな?

最初の概要説明で挫折してしまう人は

資格を取ろう!と思って本を買ってみたのに積ん読になっているという人は、最初の概要説明で大体転けていると思うので、そう言う人は先に興味の持てそうな後ろの方から勉強して見てもOK!

何でかと言うと、興味のあるところを見てたら、どうしても「基本」の部分を知らないと知りたいのに分からない!と言う状況に陥るので、前に戻って自然と学ぶことになるんです。

つまりこう言うこと。
興味のあるところを知りたい→ほほぅ〜と思うけど、何か腑に落ちない→気になる部分だけ、前の基礎部分読んでみるか→次の知りたいところ→繰り返す。

資格の本も「本」だから、必ず前から順にと思ってしまいがちだけど、別に順番決まってないから興味あるところからやれば良いんですよっ!

この方法だと勉強した場所としていない場所が分かりづらいので、学んだところにマークを付けるのを忘れずにっ!あ、ちなみに資格の本は、消耗品だと思って書きまくりでOK。本は、汚さないようにって子供の頃から言われて来てると思うから、意外と書かない人多いよね。

段々と難易度をあげていこう

117

1〜2ヶ月で取れる資格にチャレンジして合格できたら、今度は就職で有利になりそうなものの中から、3ヶ月〜4ヶ月で取れるもの、半年で〜と徐々に難易度を上げて行きます。

大事なのは、資格を取ることよりも、自分に自信を持つこと!

資格の勉強をしなれない人でも、こうやってステップを踏んでいく内に段々と自分なりの勉強スタイルが分かってくるようになるし、自信も持てるようになる。半年くらい掛けて勉強するものになってくると普通に就職に有利になる資格もたくさんあるので、そんなに回り道ではないですよ。

何とかしないとヤバイと焦る気持ちも分かるけど、何事も少しずつレベルアップがいい。

まとめ

6134145523

ニャ吉は、まさに「興味のあるところからやる」タイプです。

隣に座ってた後輩が、お昼休みに昇格の為に必要な資格勉強をしていて、

後輩「この最初の概要のところが一番眠くなってつらい」
ニャ「飛ばせば良いじゃん」
後輩「えっ?普通は頭から順にやりませんか?」
ニャ「興味があるところからじゃないと、嫌になるから前からやらない。」
後輩「何それ!初めて聞きましたよっ!」
ニャ「ミステリーじゃないんだから、掻い摘まんで読んでも同じじゃない?」

こんな会話の流れで、普通はちゃんと前からやるものなのかと知りました(笑)

計算などをしなければいけないものはノートが必要だけど、ニャ吉はあんまり資格を取るためにノートを用意したことはないかな。とにかく参考書を読んで読んで読みまくる。気になるところは、本に直接マークや書き込む。

問題集的なものがあるものは、逆に何も書き込まずに「問題を解く→答えを見る」を繰り返し読む。答えが後ろの方に書いてあるようなものだと勉強していく内に、本がバラバラに分解していくのでお気をつけください・・・。

ホッチキスって万能だよね。

↓応援よろしくお願いします。

ABOUTこの記事をかいた人

18歳から37歳までずっと借金と共に生きてきました。2016年1月完済までに得た借金返済に関する知識を皆さんにも共有しています。