焦る気持ちと、どうにもならない現実

4636284798_982a61e2a2_b

こんばんは、ニャ吉です。

借金を返し終えてからと言うもの、ずっと「いつ留学いけるようになるだろう」ばっかり考えています。やっとマイナスがほんのちょっとプラスになったばかりなのに、気が早えーよ!と言う声も聞こえて来そうですが、やっぱり焦るんです。

ニャ吉 37歳、両親は二人とも既に65歳を越えています。
今は、持病はあるものの、二人とも普通に元気に暮らしているけれど、いつ大きな病気になってもおかしくない年齢にある両親を思うと、何かあった時に長女である自分が近くにいないと言うわけにいかないと言う気持ちになり、物凄く焦ります。

焦っても、どこから共なくお金が沸いてくるわけじゃないし、そこは現実的に貯めて行くしかないんだけど・・・。どうして、こんなにも自分の夢に気がつくのが遅くなってしまったのか、行動を移すのが遅くなってしまったのかと後悔ばかり。

払ってきた利子の額にも愕然したけれど、あれは本当に高い勉強代だったと思うしかないし、またお金は頑張って稼げばいい。でも時間だけは、どうやっても取り戻せない。

そんな訳で、最近は一刻も早くお金を貯めなくては!と皮算用ばかりしてます(汗)

  • 夏と冬のボーナスで合わせて、100〜120万くらいの貯金。
  • 毎月最低7万円+残業代は、丸っと貯金へ。最低7万、多い時には10万くらいいくはず。
  • 入社して、4年経つのでぎりぎり退職金も出て、止めたら30万円くらいは入るはず。

本当は、向こうでの生活費を考えたら、250万くらいは用意しておきたいところだけど、上記を達成できれば、多分今年の冬のボーナスを貰った頃には、今ある貯金と足して250万近くにはなる!はず・・・。

そこから、半年間留学に行ったとして、両親がぎり70歳になる前に帰ってこれる感じ。おおぅ・・・やばいやばすぎる。帰って来てから新しい職探し・・・本当に飽きの来ないバタバタした人生だ(汗)

あー、本当に何でもっと最初から全力で頑張らなかったんだ・・・。

もう過ぎてしまったことを後悔しても本当に意味はないんだけど、ちんたらしているとニャ吉のような気がついた時には、タイムリミット近いかも!って言う現実にぶち当たる可能性があるので、「なんとなーく頑張ってるから平気でしょ」と思っている人は、本気で頑張って!

本当に頑張ってー!くそー・・・。

地団駄ってこう言う時に踏みたくなるんだな。お菓子を前に買って貰えない子供の気持ちが、今さらながらちょっと分かった。彼ら、どうにもならない現実を分かってる確信犯だったのかっ!(違)

↓応援よろしくお願いします。

悩んでいるだけでは、変われませんよっ!

ニャ吉は、コツコツ返済するタイプを選びましたが、借り入れ額や状況により、コツコツ変返済するよりも債務整理を行った方が良い場合もあります。

一度、無料相談シミュレーターを使って、自分の状況を整理・相談してみることをおすすめします。

12 件のコメント

  • はじめまして。私はニャ吉さんのブログを見て、ようやく自分の借金に向き合うことができるようになったものです!いままではリボ払いにキャッシングで赤字家計を見て見ぬふりしてきましたが、それじゃいけないと決意して、2ヶ月ほどでなんとか赤字は抜け出し、コツコツ借金返済が始まったとこです。
    借金関係のブログってどうしても読むとどんよりしてしまうことが多いのですが、ニャ吉さんのブログは明るくて元気をもらうし、モチベーションも上がるし、とても素敵です!ありがとうございます!
    ところで留学なのですが、私は1年留学や1週間のプチ留学も経験あるのですが、もし焦ってしまうのであれば、少しでも留学を効果的なものにするために、日本にいるうちから勉強を進めるのをお勧めしたいです。話せなくても良くて、文法や単語を勉強しておくだけでも、留学先での成長度合いが全然違うと思います。これは周りの人たちを見た感想です。残念ながら留学したからといってみんな英語が上手くなるわけではありません。そんなこと知ってるわー!てことかもしれませんが、焦る気持ちを勉強することで落ち着かせることができたら良いんじゃないかな、と思いメッセージ書かせてもらいました。
    長々と失礼しました。応援しています!!!

    • はるさん、初めまして!
      コメントありがとうございます。

      そして、私のブログを見て向き合うことが出来るようになれたと聞き、鬱々した気分もパッと吹っ飛んだ気がします。ブログやってて良かった!ありがとうございます。赤字を抜け出して、コツコツ返済が進み出したなら、着実にゴールに向かって進み始めていると言うことですね。コツコツ型は、良くも悪くも自分次第なので、自分に負けずに頑張ってください!

      英語は、English grammar in useと言うのを留学していた妹に勧められて、去年から3週ほど、勉強しています。行きたい!と思っても、どうせすぐには行けないだろうから、それまでに出来るだけレベルを上げておこうと思って、頑張ってます。でも単語は、暗記が苦手なのでつい後回しになっってしまっているので、単語帳でも買ってきて勉強して見ようかな。会社の通信教育で、ヒアリングマラソン半年間って言うのもこの前終えたんですけど、やっぱり本や聞くだけでは話せるようになれないんですよね・・・。でもやれることは、行く前に出来るだけやっておきます!行くからには、絶対に話せるようになってみせます!250万も使うんですし・・・。

      • やっぱりニャ吉さんはきちんと勉強されていましたね!失礼しましたm(_ _)m
        英語って人によって勉強の仕方が色々ありますけど、ニャ吉さんのようにコツコツ努力型の方は継続していけば着実に伸びていくタイプだと思うので、必ず話せるようになると思います!
        私もまた元気もらいました!ありがとうございます(>_<)頑張ります!

        • いえいえ、勉強していても何となく、こんなに勉強してても留学行けるか分からないし・・・と、どこか諦めムードなこともあったので、もう1度気を引き締めて頑張ってみます。特に苦手な単語から・・・。気を引き締めるきっかけをありがとうございました♪

  • 若くて親が元気なうちに海外に行った方が良いと、よく言われました…

    でも、歳を重ねてからチャレンジする人はいくらでもいます。

    私もニャ吉さんの頑張りを拝見して、久々に海外に行きたいなぁと思いました(^ ^)
    お互い頑張りましょう!

    • いやー、本当ですよ!
      海外に行くなら、親が元気な内にです!何かあった時にすぐに帰って来れないですからね・・・。海外だけじゃなく、目標を持つことは何よりも良いことだと思うので、夢持って行きましょう♪

      頑張りますぜー!

  • 半年位じゃ勿体無いですね。モノになるかなぁ。
    ヤル気があるんなら、スカイプで日本語習いたい英語ネイティブとお喋りするところから始められては?
    無料で今から始められますよ。

    • Skypeで日本語習いたいネイティブと話すのは、前にチャレンジ済みです。

      たまたまなのか、漫画やアニメの話がしたい人ばかりで英語以前に話す内容が噛み合わず断念しました…。

  • 半年の留学に250万円もかかるんてんすねーっ!

    半年ってあっという間でしょうね。
    私も英語圏じゃないですけど、2年語学留学しましたが学生だったし若かったので遊びほうけてしまいました…。
    あの時もっとちゃんと勉強…‼︎‼︎
    目的意識…‼︎‼︎
    目標…‼︎‼︎
    将来未来を考えて…‼︎‼︎
    など後悔てんこ盛りです。
    ま、ひたすら楽しかったし、いい経験にはなりましたけどもっと有意義に過ごせたはずだと後悔てんこ盛り…

    あ、何の役にも立たないコメント失礼しました(^_^;)

    • 年齢が年齢なので、あんまりゆったり楽しみながら行ってる場合じゃなくて、1日8時間みっちりマンツーマンクラスだからですよ〜!多分、復習する時間を考えたら毎日10時間コースかも…。

      良いですね!2年間語学留学!
      また借金返したら、再びチャレンジなんてどうですか?学生時代に行くのとは違った楽しさがあるかもですよ。と仲間を増やしてみたり(笑)

      学生の時は、多分みんなそんなもんです(笑)

      • 1日8時間!すごい!
        でも、ニャ吉さんならやり遂げられそうな気がします!

        また留学かー。したい気持ちはほんのりあるんですけどねー。今なら時間の大切さもお金の大切さも分かるのでちゃんと勉強する気がします!

        留学してた時にいた大人の留学生を見て、大人は真面目だな〜なんてのんきに思ってましたが、そりゃそうですよねー!仕事辞めたりとかして時間もお金も作って来てるんだし。

        • 1日8時間勉強とか、学生以外やったことないので大丈夫か不安ですけどね・・・でも時間を掛けすぎると今度は再就職するのが難しくなるので、頑張らないとっ!

          大人になると時間やお金の大切さが身にしみて分かりますよね。特に借金で無駄に失った後だと尚更・・・学生時代に行く2年間よりも大人になっての半年間のが語学を学ぶには良かったりして?

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    18歳から37歳までずっと借金と共に生きてきました。2016年1月完済までに得た借金返済に関する知識を皆さんにも共有しています。