"/>

借金と戦う人へ

借金返済で生活が苦しく限界だという人へ

更新日:

creditcard_syakkin

借金返済ブログをしていて一番多い相談は、「もう生活ができない状態です。親にも言えずに頼れる人がいません。このまま生きていくと思うと本当にツライです。」と言うものです。

そんなメッセージをもらう度に返してきた言葉は、「迷わず債務整理を検討してください」ということです。でもニャ吉がコツコツ返し終えたからか、債務整理という言葉を出した瞬間、連絡が途絶える人も少なくありませんが…。

厳しいことを言うようだけど、ニャ吉に相談している場合じゃないですよ!

借金返済は、債務整理をしなくても何とかなる人も居ます。でもそういう人達のほとんどは「無駄遣いしなければ何とかなる」、「新たに借り入れなければ何とかなる」状態の苦しくても何とか身動きが取れる人達たちです。

つまりもうニッチもサッチも身動き取れないという人は、まずは身動きが取れるようになることが大前提です。

返済するお金がなくて、遅延してしまっている状態が続くのが一番の悪循環で、毎日すごい額の利息が、今こうしている間にも増えていて、どんどん自分のクビを占めている状態。

返済できないから借りて別のところに返す、生活が出来ないからまた借りるを繰り返していて、無駄遣いは止めたのに借り入れ総額が減るどころかじわじわ増えている状態は、借金のヤバさレベル1〜5で表すなら、間違いなくレベル5です。

言わば、借金が借金を呼び、どんどん広がる危険性を秘めているパンデミック状態で、頑張れば何とかなるレベルではなく、特効薬が必要な状態です。

任意整理と言う「特効薬」を使うとこう変わる

  • 催促が止まる
  • 将来利息がカットされる可能性がある
  • 無理のない範囲での支払いに切り替えられる
  • 過払い金請求も一緒にできる
  • 毎月の返済額だけでなく、借り入れ額の元本が減らせる可能性がある

上記の内容は、債務整理の中でも「任意整理」をした場合にどうなるのか?と一般的に言われているものです。

でも債務整理したら、信用情報にキズがつくんでしょ?

woman_question-2

確かに数年間のペナルティは、あります。

でもニャ吉が勧める返済方法は、完済したらもう二度とぶり返さないことを目標としています。だから、信用情報に傷が付く?「もう二度と借金はしない!」くらいな決意があるのなら、数年間のペナルティなんて、屁のカッパなはず!

と言うか、借金を何とかしたいと考えているのに、返した後にまた借金できるかの心配まで考えてるの?

そもそも毎月の膨大な利息が既にペナルティみたいなもんです・・・。

本当に家族や職場にばれない?

司法書士や弁護士は、法律で個人の情報を本人以外に勝手に教えてはいけないという義務があるので大丈夫です。

むしろ、今のままのが危険かもですよ。

いつ掛かってくるか分からない催促の電話に怯えてたり、タイミング悪く人と一緒の時に掛かってきた電話に出て挙動不審になったり…身近な人ほどこう言う変化には目ざといのものです。

lineryusitsu

知られたくなかった人にほど、「どうしたの?何かあった?」と聞かれる可能性が高いです。その度に適当な嘘を重ねることにも罪悪感を感じて、過ごしているのでしょ…。

またニャ吉は、下の画像のような催促の手紙を「ピンクの手紙」と呼んでいるんですが、催促の最終通告手紙がピンク色をしているのも借金に限らず、一般的なものなので、それを見られたなら「何か滞納してるのかしら?」と思われても不思議じゃないです。

saisoku_letter

こう言うお手紙、見覚えがあるでしょ?
一気に問いただされて、バレる可能性も大きいです。

債務整理に悪いイメージ、司法書士や弁護士に怖いイメージを持ってませんか?

それは、大間違いですっ!

illust1487

悪いのは、借金をしてしまった過去の自分であって、債務整理は、借金で苦しむ人たちを助ける為に国が用意している仕組みです。そして司法書士や弁護士は、手続きを代行してやってくれる心強い味方です。

それでもまだ勇気が出ないという人は、まずは匿名で相談できるところを利用しましょう。依頼すると決めるまでは、費用は発生しないので、取りあえず自分の状況を確認するという意味でも、無料相談を利用してください。

依頼すると決めたとしても、費用を無理のない範囲で貯めていくところからスタートになるので、頼みたくても現時点でお金がないという人でも大丈夫です。

借金を反省することも、なくすのも大事だけど、もっと大事なものは「借金がなくなってから、どうやって生きていくか」です。

だから、まずは地盤を整えてからまた「めざせ完済人!」に戻ってきてください。二度と借金に追われることのない人生を送る為の知識を身につけていきましょう。

めざせ完済人は、借金とうまく付き合っていくため、二度と繰り返さないための、言わば「常備薬」です。

悩んでいるだけでは、変われませんよっ!

ニャ吉は、コツコツ返済するタイプを選びましたが、借り入れ額や状況により、コツコツ返済するよりも債務整理を行った方が良い場合もあります。

一度、無料シュミレーターを使って、自分の状況を整理してみることをオススメします。どの方法で頑張って行くかは、それから決めましょ!


-借金と戦う人へ
-

Copyright© めざせ完済人! , 2017 All Rights Reserved.