"/>

ニャ吉の返済記録 返済中の日記

60歳になった時に生活できるだけのお金があるだろうか?

更新日:

4636284798_982a61e2a2_b

こんばんは、ニャ吉です。

昨日は、自分の将来を考えたらまた不安になって、一睡もできず、仕事に行って来ました。
もう本当、きっつい。30超えた辺りから、オールとか無理な体質になってきてる・・・。

昨日の夜に不安でどうしようもなくなってしまった原因は、60過ぎた時に毎月どのくらいの生活費を得られるだろうか?とか、むしろ60歳まで働けているんだろうか?ということ。

借金で貯金をはじめるのが人よりも遅くなってしまったし、これからお金を貯めても留学してまた使ってしまうということは、40歳頃になっても貯金は限りなくゼロに近い状態だと思う。そこから60歳までに一体いくらお金を残しておけるだろう・・・。

今のご時世、男性でも終身雇用って言うのは難しくなってきているけど、女性の方がハードルは高いのはあまり変わっていない気がする。ニャ吉の勤める会社で、50歳を過ぎた女性がどのくらいいるだろうか?と思って、部長に聞いてみたら・・・なんと1,200名くらい勤めて居る中で3人だけだそうだ・・・。思って居た以上に少ない!

IT業界は、他の職種と比べてやっぱり残るのは、厳しいのかな?

スポンサーリンク

今の会社は、お金を貯めて留学する際に1年間の停職が認められなかったら、スッパリ辞めるつもりなので、留学後、勤める会社はもっと少ないかも知れない。

そんなことを考えてたら、眠れなくなってしまった。

生きるって大変だなー。
家族を養うお父さんたちって、偉いよね。一人で生きていくだけでもすごく不安なのに、家族を養って生きていかなければならないって、どんだけ大変なんだ・・・。

色々考えて、たどり着いた結論。
・自給自足生活をできるようになる
・60歳を超えても働けるような特殊な資格を取得する

このくらいしか思いつかなかった。
自給自足生活に関しては、病気とか怪我で動けなくなったりしたらできなくなるので、下手したら一気に食に困ることになりそうなので、やっぱり現実的なのは資格を取得する方かな?

これは、今すぐ決めるとかじゃなく留学して、次の仕事を探す前までには考えておこう。
今すぐ結論を急いで、本とか勢いで買って無駄にしてしまいそうだから・・・。

年の瀬って、どうしても色々なことを考えてしまう。

↓応援よろしくお願いします。

悩んでいるだけでは、変われませんよっ!

ニャ吉は、コツコツ返済するタイプを選びましたが、借り入れ額や状況により、コツコツ返済するよりも債務整理を行った方が良い場合もあります。

一度、無料シュミレーターを使って、自分の状況を整理してみることをオススメします。どの方法で頑張って行くかは、それから決めましょ!


-ニャ吉の返済記録, 返済中の日記

Copyright© めざせ完済人! , 2017 All Rights Reserved.