【貯金体質になる!】嬉しくて何度も通帳を見ちゃう:現在高 41,325円

blog0815_007

今日も頑張って、ゆうちょに行ってきましたよ〜・・・。

暑い!暑すぎる!!

日陰を求めて、あっちこっちへフラフラと怪しい動きで行ってきました。
基本、インドア派なニャ吉には、この暑さは死ねる。

やっとの思いでゆうちょにたどり着いたら、ATMに列が出来てる!
地元のちっちゃいところで、ATMが1台しかないから他の人とバッティングして、ちょっと待つことは良くあるけど、今日は4人も並んでた。

凄く狭いところなので、クーラーの効いた涼しいところで居られるのは、ATMを使ってる人と次に待ってる人のみ。後は、外で並んで待つしかない。ニャ吉以外、全員年配な人たちだったから「大丈夫かな?この人達倒れたりしないかな?」とか思いながら、炎天下の中、待つけど全然進まない・・・。

5分ほど経った頃かな?
店内に居たたぶん80歳くらいの男性が2名、「お金が下ろせない。」とすごく困った感じで出てきた。「えー!ここまで必死に来たのにATM調子悪いの?!」と思ってたら、並んでいた人たちもあらあら困ったわな感じで、なぜかニャ吉に視線が集まる。

「若い子なら分かるんじゃない?」

Sponsor Link

ひぃー!
機械は、若い子に頼めば何とかなるとか思わないで頂きたい!

てか、ニャ吉はもうそんな若くないから!

結局、並んでいる人たちの期待にあふれた視線を一身に集め、「もう1回、同じようにやって見せてください」とお願いして、横で見ていることに・・・。

おじい「引き出し押して、通帳入れて、暗証番号がXXXXだろ。」
ニャ吉「わぁー!!おじいさん、暗証番号を他人に言っちゃダメだよ!!」
おじい「あはは、そうだった。」

もうびっくりしたよ。
さらっと暗証番号言っちゃうんだもん。

よくよくやっているのを見ていたら、別の銀行の通帳を入れて引き出ししようとしてる。

ニャ吉「おじいさん、これ通帳が郵便局のじゃないから下ろせないよ。」
おじい「そんなはずはない。いつもこれで下ろしてる。」

と引かない引かない・・・。
取りあえず、後ろで並んでいる人たちが気になるのでATMが壊れているわけじゃないことを伝えて、おじいさんに説明する間に先に使ってもらった。

おじいさんの方は、他にカードか通帳持ってきてないの?って聞いたら、普通にゆうちょの通帳も持ってきてて、こっちの通帳なら下ろせるよと試して貰ったら、普通に下ろせた。

そんなこんなあって、大変だったけどなんとか小銭を貯金できた。

+2,121円!(ちゃりーん♪)

そして、4万円超えました!
4月から本気で取り組み始めて、良い感じで増えてます。

ふー、暑いし、色々あったけど今日も貯金できて良かったとATMからでたら、すぐ近くのローソンからおじいさんがでっかい声で呼んでる・・・。「ひぃー、今度はなんだ」と思いながら、行ったらお礼にアイスコーヒーご馳走してくれた♪ラッキー!

明日から近場の温泉に孫達と1泊2日で旅行なんだって、いいなー。
「温泉、いいですねー」って言ったら、「一緒に行くか!」って言われてびっくりした(笑)

あくの強いおじいさんだった。

↓応援よろしくお願いします。

ABOUTこの記事をかいた人

18歳から37歳までずっと借金と共に生きてきました。2016年1月完済までに得た借金返済に関する知識を皆さんにも共有しています。