"/>

不安に負けない為のアドバイス 借金と戦う人へ

どこに行っても2種類の人種しかいない

投稿日:

blog_ipost201705

こんばんは、ニャ吉です!今日は、久しぶりに普通の記事を書きます。

脱サイマーに成功して、更に夢だった語学留学に行って色々な経験をしてきました。せっかく頑張って貯めたお金も留学に使うとあっという間に消えて行ってしまって、ちょっと寂しい気持ちもありますが、留学に踏み切ったことに関しては本当にしてよかった!と思ってます。

もしいつか留学してみたいと考えている人が目の前に居たら「絶対に行って来なよ!」と猛プッシュしたいくらいです。

留学している間にたくさんの人達に出会って感じたことが、一つ。

サイマー世界の住人だった時と同じく、結局「やる人」と「やらない人」の2パターンの人種しか居ないってこと。ニャ吉は、サイマー時代に何だかんだ理由を付けては動かなければいけないのが分かっていても、重たい腰を上げられず過ごした時間が長くあったので、「今はとにかく英語の勉強だ」としっかり集中することが出来ました。

やらない人の特長

「やらない人」って本当に何もやらない訳じゃないんです。

ある程度やりながら、ある程度手を抜いている。サイマーで言えば借り入れは増えないけど減りもしない、そんな状態。それでも何となく留学して英語を勉強していると言う気持ちになるし、サイマーであれば何となく生活出来ちゃうんですよね。

後でもっとちゃんとやっておけば良かったと思う事になりそうだと言うのも何となく感じているのに、その不安を隠す為に同じようなメンバーとグループになって、学校の方針に愚痴を言い始めて、これをやる意味は感じられないと言い出す。最後は、全部人のせいで片づけてしまう人達でした。

ニャ吉は、自分自身がそう言うダメ人間だった経験があるので、そう言う人達への偏見みたいなものはなく、「やらない人達」グループともそれなりにお話し、時には一緒に食事に行くこともあったので、サイマー時代の経験から「後で後悔するのは自分だよ?」と何度となく伝えて来たけど「元サイマーで最低でした!」なんて言う勇気はなく、誰も救い上げてあげることは出来なかった。

不思議なことにこっちのグループは、人間関係のもめ事もとても多くて・・・本当にこの人達何しに来たの?!と思う事が多々あった(笑)

やる人の特長

フィリピンに留学に来る人達は基本的に短期間な人達が多いので、本当にストイックに頑張るつもりで来た人達は土日でさえほとんど姿を見ることなく、英語の勉強に打ち込んでました。

この「やる人」たちの特長は、社会でみんなそれなりに成功している人達ってこと。成功する人にはやっぱりそれなりの特長があるんだなーと見ていて本当に思ってた。たぶん、この「やる人」たちはメリハリを付けるのが、とても上手なんだと思う。何に集中しなければいけないのか、ちゃんと分かっていると言った方が分かりやすいかな?

ニャ吉?!私は平日全力で頑張ってたけど、金曜日の午後くらいから頭がプッシューっとショートした感じになって帰る近辺の週では、先生達にも「アルコールエネルギー切れ?!後もうちょいでビールに会えるよ!」とか励まされながらだったので、頑張ってたけど週末までストイックにとはいきませんでした(笑)

「やる人達」もある程度グループにはなっていて、休みの日の朝ご飯を食べてる時に出会って「どっか行く?」と言う話に急になって一緒に出掛けたりとそれなりに楽しく満喫してました!目的が英語の勉強だから、出掛けている間も英語の話題がほとんどで出掛けて居ても勉強になる素晴らしい環境だった。

まとめ

元ダメ人間として、「やる人」グループに属するのは何だか忍びない気持ちでいっぱいだったけど、「やる人達」と一緒に過ごしていて心地よいと感じられる自分が少し誇らしかった。

今、ここに来てくれているサイマーの人達のほとんどが、何とかして借金をなくして脱サイマー!と本気で願っている人達だから、脱サイマーした後ならどんな新しいことに挑戦してみたとしても、きっと上手に乗り越えていけるし、今頑張っている状態こそが、新しい何かに挑戦した時の自分を良い具合に奮い立たせてくれるから、今頑張っている自分をダメだなんて思わずにただひたすらに今やるべき事を頑張って欲しい。

38歳と言う年齢で留学してみて分かったのは、何事も始めるのに遅いとか言うのはなくて、始めたらちゃんとやり通すかどうかが大事なんだと言うことかな。それが分かっただけでも人生勉強として行った価値があったと感じてます。

サイマーでいる間は、色んな不安が周りを取り囲んで苦しい気持ちになることが多いけど、やるべき事を見失わずに居れば大丈夫だ!

今のあなたは、「やる人」と「やらない人」どちらの人間ですか?

悩んでいるだけでは、変われませんよっ!

ニャ吉は、コツコツ返済するタイプを選びましたが、借り入れ額や状況により、コツコツ返済するよりも債務整理を行った方が良い場合もあります。

一度、無料シュミレーターを使って、自分の状況を整理してみることをオススメします。どの方法で頑張って行くかは、それから決めましょ!


-不安に負けない為のアドバイス, 借金と戦う人へ

Copyright© めざせ完済人! , 2017 All Rights Reserved.